厳しい年にいい仕事をしたのは誰? エアステ・ラーゲン・プレゼンテーション その2 カンプタール編

<<前回はエアステ・ラーゲン・プレゼンテーションのさわりでした

 

で、カンプタール、クレムスタール、トライゼンタール、ヴァーグラム、と順に62のエアステ・ラーゲンの畑(正確にはいくつかワインの出ていない畑もあったので、60弱だったと思いますが)の、様々な生産者のワインを黙々とテイスティングして行きました。

膨大な数なので、「目立って良かった、印象に残った」か、「この年の」「各畑の」或は「生産者の」個性が良くでている、か、逆に「この年にどうして?」と感じたものに絞ってお伝えします。(畑名はワインがグリューナーの場合緑リースリングは青で太字表示。☆印は特に素晴しかったワイン)

 

前提として、全国的に日照が足りず雨の多かった2014年ですが、その中でカンプタールは周辺に比べて多少晴天も多く、完熟したワインを造るチャンスは、他産地より若干多く与えられていました。

 

最初のワインはユルチッチのデシャント。レモニーで酸がピンと張り詰め、いい意味でいかにも2014年の味わい。ユルチッチはこれが一番いい出来だったかも。

 

暑く乾いた年でもいい汁気を出すガイスベアクのリースリングは、逆に温度のしっかり上がらなかったこの年にはちょっと線が細いか…。シュトラース側のガイスベアクでは☆ビアギット・アイヒンガーが焦点の合ったミネラルを感じさせてくれた。レンナーはガイスベアク同様冷たくやや平板な印象。

南西向きにレスが深く吹き溜まったようなグループは、この年明らかに不調。

 

16のワインがずらっと並んだハイリゲンシュタインの中で光っていたのは、アイヒンガー(コク、余韻の長さ)、ヒードラー(蜜のニュアンス)、☆ヒルシュ(テンション)。☆シュロース・ゴーベルスブルク(熟度、重量感、ストラクチャー)。

続きを読む

エアステラーゲン・プレゼンテーション 2015 その1

<<前回は収穫直前のイベントラッシュについてでした


エアステラーゲン・プレゼンテーションも、これで何回目になるでしょうか?

 

1回目は2011年、お城ワイナリーの家族としてミッヒの奥さんエファの運転する車に乗って,

ゴーベルスブルクのお城からグラーフェネッグのお城までお城間移動:)。まだまだ「ここは何処?」状態で気もそぞろでした。

2度目の2012年、やはり家族の一員として参加し、前年自分が収穫したブドウがワインになって登場していることもあり周辺の地理も大方把握し、お爺ちゃんペーターにはエアステラーゲンの地質調査に協力したマリア・ハインリッヒ博士を紹介してもらうなど、俄然イベントが楽しくなってきました。暑い年でしたが夜の屋外コンサートが滅茶苦茶寒く、オーバーを引っ張り出して着ていたような。

3度目2013年はバーデンからはるばる訪れたのですが、最寄り駅からの交通手段のなさに困り果て、現場ではなんだか同窓会の如く挨拶ばかりしていて、テイスティングに全く集中できなかったのを覚えています。慣れとは恐ろしいものです:)。

昨年2014年は確かギックリ腰だかなんだかを起こし泣く泣く欠席。素晴らしい出来の13年を味わい損ね、痛く無念でした。

続きを読む

トゥール・ドゥ・ヴァンでお城ワイナリーへ

日本ではゴールデンウィーク終盤に当たる先週末、春を迎えたオーストリアの各産地でも様々なイベントが行われました。そしてプリンセスは昨年、一昨年同様お城ワイナリーで、Tour de Vinイベントのお手伝い。

 

独り立ちしてから2度目のお城ワイナリー訪問ですが、もう『自分のオウチ』ではなくなってしまったお城を訪ねるのは、とっても不思議な気分。こうしてよそ者としてゴーベルスブルクの駅に降り立つと…。本当にお伽の国のような愛らしい小さな町です。そして我がお城は歴史の重さとそれを潜り抜けて来たいぶし銀のような美しさをたたえています。

 

Tour de Vinトゥール・ドゥ・ヴァンは、Traditionsweingüterトラディツィオンスヴァインギューターに加盟する全ワイナリー(2013年は23ワイナリー)の全てが一般客に門戸を開放し、テイスティング他セラーや畑見学など様々な催しを繰り広げる、いわばドナウ一体のトップワイナリーの春の一大お祭りイベント。

プリンセス、いつも同様、2階の一番天井の高いイベント・サロンでブリュンドゥルマイヤーと合同で行うワイン・テイスティングのサービス役として登場。お城の顔としてお客様と接するのは、いつだって誇らしい気持ちです。

続きを読む

ハイディのBAはバイク便に乗って… ワイン・ディナー@サンパ

47日、サンパでのワイン・ディナーは、日曜の夜、ちょっと早めの時間から始まりました。

サービスを仕切る飯岡さんはシノワ・チルドレンの一人で、オーストリアは普段からよく使ってくれているそう。お客様の数集めにイマイチ自信のないプリンセスに「岩城さんの知名度だったらすぐに集まりますよ(え? プリンセスって、オーストリアワインって知名度あるんでしょうか???)」とも言っていただき、大船に乗った積りで開始1時間前くらいにお店に入り、早速プロジェクタのセッティングやらワインの確認やら…。

 

…嵐の前の静けさ…

続きを読む

帰国時イベント@西麻布プロヴィナージュで全て終了!

2月27日のヴォルテックス社の試飲会を皮切りに、Foodex、大阪、名古屋、東京と続いたイベントは、昨日4月10日の西麻布プロヴィナージュでの当サイトのローンチ・パーティー&深夜のミニ業界試飲会を最後に、全て無事(…と言うには余りに様々なハプニング続きながら)終了しました。

その間、オーストリアワインを挟んでお目にかかった方の数は、おそらく4桁に近いでしょう。

お出掛け下さった皆さん、本当に有難うございました!

 

さてそのwww.vinologue.jpのローンチ・イベントは、ガランとせず、すし詰めにならず、の絶妙の人数。実はこの企画、8,000円でお食事つき飲み放題、という乱暴な催しとしては信じられない、例えばRudi Pichlerルーディ・ピヒラー Riesling AchleitenアハライテンやらHiedlerヒードラーのGV MaximumやRiesling Giasbergガイスベアク, Proidlプロイドゥル Riesling Pellingenペリンゲン, Stadt Kremsシュタット・クレムスのGV Weinzierlbergヴァインツィアルベアク…といったトップ・キュヴぇやらエアステ・ラーゲン、更に同Riesling Grillenpartzグリレンパルツの06、Schloss Gobelsburgシュロス・ゴーベルスブルクのGV Rennerレンナー 06など日本ではなかなか味わうことのできない、しっかり熟成したワインまで混ざっていた、という夢のようなワイン会。

 

では、いつもながら美味しいお料理とスマートなサービスを提供してくれたprovinageの田中さん&斎藤シェフ、厨房スタッフ、そしてご参加いただいた皆さんへの感謝の気持ちを込めて、7時からの愛好家の部、11時からの業界の部、併せて盛り上がる様子をご覧ください! 

続きを読む

桜の散り際に、お城卒業記念企画やります!

昨晩は目黒川の桜が本当に真っ盛り。一方プリンセスの東京の根城である深川周辺の水路岸に植えられた木々は、そろそろ葉桜へ。

そんな季節の移ろいの美しさとはかなさを感じる今日から3日間、当サイトvinologueの発足と、お城卒業の両者記念イベントの一環として、(株)ワンモアグラスの協力を得、”プリンセス・アソート”の読者限定共同発注企画を実施します。


お城ワイナリーが通常VIPやジャーナリスト向けイベント等のために取り置いているミュージアム・コレクションからの希少バックヴィンテージ他、通常個人愛好家の皆様には組み合わせて購入することが不可能、或いは非常に難しい「エアステ・ラーゲ」ものや超人気のゼクト&アイスヴァインを併せて組んだ限定セット3種今日から3月29日一杯、数量&期間限定で受注。輸入元の次の船に載せて持って来てもらう、という超のつくスペシャル企画。

続きを読む

プリンセス退位の辞

読者の皆さん、
今日は”ピットナウアー訪問記 その5”をお送りする予定でしたが、重大発表がありますので、お知らせします。
私、本日をもって、プリンセスを退位することとなりました! 
はい、お城を出て独り立ちします。

続きを読む

ワインディナー@ラ・グラップ in 西麻布 

こちらは昨日土曜からクリスマス休暇に突入。
連日雪が降り、町はシンと静まり返っています(…っていつものことか:)

続きを読む

2012のエアステ・ラーゲ、続々とテスト・ブレンド完了!

お城周辺はすっかり冬景色。

去年もそうでしたが、セラーへ降りるドアが開け放たれ、冬の冷気にタンクや樽を触れさせる時期となりました。
続きを読む

ゴーベルスブルク幻想

ちゃっかり片道6万を切る価格のビジネスクラスに乗り、ご満悦でお城に戻ったプリンセス。
慣れない”リラックス”ポジションで機内映画を観ていたら、またまた弱点の腰が不調に陥る、という、根っからの貧乏性を曝け出しています。

続きを読む

冷涼ワインと極北ワイン―自信を持って後ろを向こう!

「有料アップグレードせねばブログに写真がアップできない!」と激怒していたプリンセス。
facebookつながりのH氏が教えてくれたリンクから、一定サイズ以下の写真はピカサへのアップロードとしてカウントされないことを知りました。であれば、H氏のアドバイスに従い、オーバー分だけ既アップ写真のサイズを削って再アップし直し、今後はカウントされないサイズで写真をアップし続ければいい訳です。

続きを読む

グリューナーとリースリング。この雲泥の差!

空港へ向かう前に、早起きしてせめてラムの収穫風景の写真だけでも、と思っていたのですが、残念なことに今朝は冷たい雨。収穫は午後からになってしまいました。

続きを読む

お城の隠れた主役、ガイスベアク&レンナー。今年の果汁はビューティフル!

明日日本へ旅立つプリンセス。オーストリアでのブログはこれで最後になるでしょうか? 
さて、今日は気持ちの良い秋晴れ。お城ワイナリーでは昨日、今日と引き続きRennerレンナー畑のグリューナーを収穫しています。

続きを読む

本日収穫なし…一体何を待っているんでしょう?

プリンセスあと1週間ほどで日本に帰ります。
貴腐やアイスワインはともかく、辛口用ブドウの収穫見届けてから帰ろう、という魂胆です。

続きを読む

収穫期に雨・雪が降ると…?

プリンセス、こちらに来る前の10年近く、ワインスクールで教えていました。そしてしつこいくらい、「収穫期に雨が降ると一年の苦労が台無し」みたいなことを話していました。

続きを読む

シュロス・ゴーベルスブルク 生産ライン大公開

前回のブログにも書いたように、お城ワイナリーでは白のベーシックラインと赤の収穫が終わり、白の単一畑、エアステラーゲの収穫へと入って行く前の、ちょっとした小休止状態。
これからクライマックスシーンを色々ご紹介する前に、我がお城ワイナリーことSchloss Gobelsburgシュロス・ゴーベルスブルクの生産ラインをご紹介しておくことにします。

続きを読む

オーストリア 2012年ヴィンテージ中間報告 見え方が変わって来た2年目

昨年は、とにかく1ℓワイン以外の全てのお城ワイナリー白ワイン畑で、収穫作業に参加することに命をかけたプリンセス。今年はお城ワイナリーの収穫は赤とエアステラーゲの一部に留め、セラー作業をできるだけ観察することと、カンプタールの他ワイナリーや、他産地の違った品種やスタイルのワインになるブドウの収穫に重点を置くことにしました。

続きを読む

お城ワイナリー、1ℓワイン用ブドウの収穫から始まりました!

今日から予定されていた収穫、…と言っても1ℓ瓶ワインにブレンドするミュラー・トゥルガウですが…が、午後からたった5人のスタッフで始まりました。仮始動、って感じですね。

去年はゼクト用のシャルドネが確か最初でしたが、今年は霜の影響で、おそらくゼクトに回せるブドウは、ないか極少なはず。それで、地場消費向1ℓビン用ブドウからの収穫となっている模様です。

続きを読む

トーマス・ハンプソン リートコンサート@グラーフェネック

今年は収穫が早めで、ブルゲンラントからはどんどん収穫を始めたというニュースが入っていますが、プリンセスの住むドナウ一帯では今、着々と収穫の準備をしつつ、去りゆく夏を楽しみ尽くすイベントが目白押し。

29日にはプリンセス、シェーンベアガーのディナーでのショーとは対照的に、実にお行儀の良いというか、非常に文化の香り高いイベントに行って参りました!

続きを読む

伝統を守るということ

土曜のゲイ・ウェディングの翌日曜、夜明かしのケーター達とともに、お城ワイナリーの主、モースブルッガー一家もお片付けに大忙し!

続きを読む

ゲイ・ウェディング@シュロス・ゴベルスブルク

土曜はお城ワイナリーで結婚式が催される、ということで金曜からケータリングやら何やらの車、作業員などが慌しく出入りをしていました。
そして今朝「ゆかり、とっても綺麗だから絶対見ておいで」とお婆ちゃんに促され、披露宴会場となる2階に足を運ぶと…
続きを読む

まったりピクニック@ローレンドーフ城

夏休み中なのでピンと来ませんが、昨日水曜は祝日。

続きを読む

夏休み畑偵察 その2 シュタインセッツ

お城ワイナリーことシュロス・ゴベルスブルクの所有畑は、お城の北側 (ハイリゲンシュタインとガイスベアクの丘周辺)と、 と南側の緩斜面に大別されます。

続きを読む

お城はすっかり夏景色…戻っています!

なんだか最近、日本に帰国するときも「帰る」、オーストリアに戻るのも「帰る」…すっかり故郷が2つに増えた感じのプリンセス。

続きを読む

試飲会&ワイン・ディナーラストスパート! 非売ワインも飲めます。

いやあ、今回はとにかくキモを冷やしました。
とっくの昔にオーストリアを出ているはずのワインがお城ワイナリーの倉庫に留まったままだったり、ワインは日本に入っているのに、通関作業に手間取りワインを留め置かれたままだったり…。

続きを読む

霜の害から実感。北国のワイン造りの厳しさ。

霜の害は思ったよりずっと深刻です。
お城ワイナリーとしては、おそらくここ20年来で最大の霜害…。ミッヒが修道院からワイナリーを引き継いで最悪の被害だそうです。

続きを読む

遅ればせながら、トゥール・デュ・ヴァン報告

今年も昨週末に開催されました。トゥール・デュ・ヴァン Tour du Vin。
ドナウ周辺のトップワイナリーの組織であるトラディツィオンスヴァインギューター Traditionsweingüter加入のワイナリーが土日に一斉一般開放され、スタンプラリー形式でお気に入りのワイナリーを回りながら、自由にワインがテイスティングできる、というイベントです。

続きを読む

日本より謎の一団来訪…エアステラーゲ・ワインの日本輸入も近し?

今日は午前中は日本から、午後はあのシュタット・クレムスの技術陣が、お城ワイナリーを訪れました。

続きを読む

ゆかり、それは物理的理由に過ぎないんだよ

プリンセス、子供の頃からよく質問をする子でした。

この年になってもやってます。お昼に栽培醸造長のカーナーさんと一緒になると、食後に必ず、と言っていいくらい、何か聞いてます。
"Ich habe eine Frage(質問があるんですけど)"と切り出すと、「またか」とばかり、カーナーさんは苦笑い。
続きを読む

鯖寿司 with リースリング ガイスベアク vs GV レナー@仁行

生の青魚とワイン、ってかなり危険な組み合わせですよね。

けれど素材さえ新鮮ならとても美味しくいただける、ということは皆さんもご存知の通り。
「素材さえ新鮮なら」と、そうプリンセスも固く信じておりました。…前回帰国時に蕎麦の仁行で、鯖寿司にふたつのオーストリアワインを同時に合わせてみるまでは…。
続きを読む

大発見! 長年の謎が解けました?

今日のお城ワイナリーの昼食は、野菜たっぷりのリントズッペの後に、ヌードル。まあ、所謂スパゲティー・ミートソースみたいなやつでした。

続きを読む

お城ワイナリーを鮓&和食と楽しむ会@壮石

思い返せば丁度1年と2週間ほど前、プリンセスはお城ワイナリーの当主ミヒャエルを関空まで迎えに行き、翌日から大阪&東京を駆け足でプロモーション・ツアーをしていたのでした。そして東京ではこの壮石でもワインメーカーズ・ディナーを行い、お寿司大好きのお城当主本人にとっては、来日中最も印象に残るディナーとなったようです。翌朝紅林板長に案内していただいた 築地魚市場も大のお気に入り。

続きを読む

"メルルの会”雛祭特別ヴァージョン@目黒Argent

昨晩はフルーティスト山形由美さん主催のワイン勉強会“メルルの会”のお雛祭りスペシャルお食事会。プリンセスが日本に居た頃は、月1回拙宅でテーマを決めて勉強会を行っていましたが、オーストリアに渡ってからは、帰国の度にスペシャルお食事会をしています。

続きを読む

お城は雪景色

2-3週間くらい前くらいから急に気温が下がり、毎日零下10度―20度まで下がる極寒状況。水道管が凍って水が出なくなったり、大変なことになっています。でも火曜までは雪はほとんど降りませんでした。
それが今日は朝から小雪が、そして午後になって本格的に降ってきました。

 

雪のお城、ロマンティックな光景をお届けします!

続きを読む

お城ワイナリー 2011ヴィンテージ バレル・テイスティング報告

なかなか報告ができずにいましたが、1月18日にお城ワイナリーの栽培&醸造責任者のカーナーさんに、11年について集中的に話を聞きながら、まだ樽で或いはタンクで眠るワイン達をテイスティングさせてもらう機会がありました。

続きを読む

アイスヴァインのプレス&発酵

今日はアイスヴァインのプレス作業を振り返ります。

続きを読む

アイスヴァイン収穫速報 中編

昨日早朝朝4時半からアイスヴァインの収穫を体験しました。

続きを読む

速報!今朝アイスヴァインを収穫しました!

先週半ばから「今日か、今日か」と待ちわびた(だって毎朝3時半起きで待機ですよ!)アイスヴァインの収穫。遂に今朝、4時30分より気温マイナス11度下で決行され、300 kgの大きな収穫籠に12個分、収穫することができました! 

続きを読む

"ウィーンフィルのバル使用ワイン"続報

前のブログでお知らせした、お城ワイナリーのワインがウィーフィルのバルでイクスクルーシヴで使用されたお話の続編。「当主ミッヒは参加できない」と書きましたが、ガセでした : )

続きを読む

東西伝統食、驚愕の相性!!

本当はPrieler, Wenzel, そして月曜に回ったゴルスのPittnaus, A & H Nittnaus, Claus Preisinger、ヨイスのArutenburgerのワイナリー訪問報告をしたいのですが、とにかく色々仕事がたまっていて、月曜訪問のワイナリーに至っては写真整理すら果たせません…。

続きを読む

MW教育プログラムでプルーニング実習@シュロス・ゴベルスブルク

なんだかプリンセス、情報のインプットが凄すぎて全くアウトプットが追いつきません…嬉しい悲鳴…
しかもこれから日本に帰るまでに、オーストリア全土を駆け巡りできるだけ多くのワイナリーを訪ね、11ヴィンテージの取材をせねばならないし、色々仕込まねばならないイベント案件なども目白押し…。

続きを読む

号外! シュロス・ゴベルスブルクがウィーンフィルのバルで供されます!

ウィーン社交界の冬の風物詩と言えば舞踏会。
週末の大衆紙クーリエに、1月19日開催予定のウィーンフィルのバルの様子が、そこで飲まれるワインとともに紹介されました。ドンペリやローランペリエのグラン・シエクルとともに供されるワインに、お城ワイナリーが選ばれました!

続きを読む

予定変更。ハイディの前にフレディの誕生日パーティ@お城のセラー

済みません、ヤボ用がたまっている上、昨晩夜中までワイナリーのマーケティング担当のフレディのバースデーパーティで、物凄い二日酔い
ワインのことを微に入り細に入りするのはちょっとお許し下さい!

続きを読む

2011 ドメーネ&ゴベルスブルガー リースリングのコスパに感激!

先週いくつか来客があり、正式に市場に出ているホイリゲでない11年ヴィンテージを初めてじっくり試す機会がありました

続きを読む

シュロス・ゴベルスブルク グリューナー6アイテム踏破ワイン会@トラットリア築地トミーナ

プリンセスの住んでいるお城ワイナリー“シュロス・ゴベルスブルク”は、辛口だけでも全部で10種類のグリューナーを造っています。

続きを読む

世界のリースリングと鮓@銀座壮石

プリンセスは21日シノワに続いて、22日の晩は銀座壮石でワイン会。
世界のリースリングと鮓の相性を楽しみました。

続きを読む

リースリング ハイリゲンシュタイン&ガイスベアク   ワイン会@シノワ渋谷

昨晩は渋谷シノワでワイン会。
シノワのオーナーソムリエの後藤さんとは、もう15年以上のお付き合い。久々にあのつかず離れず、一般客には非常にスマート、常連客にはサディスティック? とも言える独特のサービスを楽しみにしていたのに、本人はオフで不在。

 

続きを読む

さてこれは何をしてるところでしょう?

下の写真、何をしているところかわかりますか?

続きを読む

フィナーレは貴腐ブドウ

お城ワイナリーの収穫の最後を飾るのは(アイスヴァインは別にして)、ハイリゲンシュタインHeiligensteinの貴腐ブドウ。晴れ渡った先週の金曜日、午後。最後の区画の収穫の様子をお届けします。

お城ワイナリーからハイリゲンシュタインの畑までは自転車でも20分くらいかかります。

続きを読む

グリューナーのトップサイト"ラム”収穫レポート

11月31日(月)、久々に晴れ晴れとした青空の下、オーストリアで最も有名なグリューナーの畑“ラム Lamm”の収穫が行われました。

続きを読む

グリューナー・ヴェルトリーナー@シュタインセッツ畑 収穫レポート

ようやく昨日土曜朝、シュタインセッツSteinsetzの収穫に参加できました!

続きを読む

シュロス・ゴベルスブルク ゼクト RD 2001

昨晩は珍しく、本当に珍しく、プリンセスが夕食を作りました。

続きを読む

見落とせない、悪天候予想の心理的影響

こちらに来て初めて見えたきた側面、って色々あるのですが、今日は収穫における雨の影響のお話。

続きを読む

トラディツィオンの秘法大公開!

我がお城ワイナリーの名物ワインに“トラディツィオンTradition”があります。

続きを読む

命の受け渡し

昨日もやりました。恒例のお庭掃除。
収穫期も終盤を迎え、枯葉の量は最盛期を過ぎましたが、まだまだ胡桃はものすごい量が落ちています。

続きを読む

もうひとつの真実

昨日のブログの結句を読んで「あら、プリンセスったら随分ニヒル」と思われたかも知れません。

続きを読む

かくも残酷な真実

まずA畑の様子から。

続きを読む

ブドウ畑にUFO?!

リースリング収穫中に謎の飛行物体?!

続きを読む

リースリング収穫報告@ガイスベアク 後編

収穫報告実践編。写真とともにリースリングの収穫の様子をお届けします。

続きを読む

リースリング収穫速報@ガイスベアク 前編

間に合いました!リースリング・エアステラーゲの収穫!
いつどの畑を収穫するかは、栽培&醸造責任者のカーナーさんのみぞ知ることですので、プリンセスは残り少ないリースリングのベスト・サイトでの収穫を逃さぬよう、今日は6時過ぎには朝食を済ませ、6時45分の収穫隊出動態勢に備えました。

続きを読む

畑チェック密着取材 続編

106日(木)に行ったカーナーさんの“畑チェック”密着取材の続編です。お待たせしました!

続きを読む

栽培&醸造責任者カーナー氏密着取材

106日(木)

今朝は収穫には出ず、我がシュロス・ゴベルスブルクの栽培&醸造責任者のフランツ・カーナー氏の"畑チェック"を密着取材しました。
続きを読む

リースリング収穫速報

105日(水) 

昨日からリースリングの収穫も始まりました(グリューナーはまだです)
続きを読む

白の収穫、Grub(グループ)畑で開始!

104日(火) 

昨日(3日月曜)、ついに白の収穫を開始しました。
続きを読む

赤の収穫始まる!

916日(金) 

続きを読む

曇りのち雨、最後に快晴 の誕生日

914日(水) 

先週始まったゼクトの収穫は、5日間で終了。ゼクトのブドウはとにかく酸が命で、少しでも酸が下がったら使わないのがウチの流儀。ところが当主ミヒャエルによると、オーストリアの多くのゼクトは、通常のワインを収穫した後に残った実でゼクトを造るとか…。

続きを読む