プリンセス帰途に着く

フランクフルトに向かうバスの中。今日中にはお城に戻る予定です。

アイネン・モメント・ビッテ

私のブログを読んで下さっている皆さん、更新が思うようにできずに済みません。
学校、ガイゼンハイムでのワークショップと続いた後、月曜からアルザス、ファルツ、ラインガウ、モーゼルを移動中で、思うようにネットにアクセスできません。

続きを読む

旅がらみ。「どういうこと?」な4つの出来事

925日(日)

その1:
日本を代表する旅行代理店J社より、オーストリアのワイナリー巡りツアーの企画&ガイド&通訳を依頼したい、との打診。
続きを読む

笑ってやって下さい

今日で3日間のガイゼンハイム(ラインガウにある世界有数のブドウ栽培&醸造研究機関)でのワークショップが終わります。午前中はMWとドイツ語圏のMWに例えられるWeinakademikerの親睦会なので、パスして仕事をしています。

続きを読む

ワインはディプロマティックに批判なさい

922日(木)

風邪を押してのワインアカデミーでのディプロマ・セッション参加、ようやく昨晩で終了。
泊まりがけセッションの間中は、各自学校近くに宿を取ります。そして、昼食は学校の向かいのホテルのビュッフェで、夕食は適当に街のレストランに集まって、翌日の授業に影響を及ぼさない範囲でワインを楽しむ、というのが恒例です。
続きを読む

プリンセス崩御の危機

今までシリアスなことはあまりこのブログで公表してきませんでしたが、滞在許可が下りない問題は、いよいよ深刻化。しかも、その許可申請のあり方がなんとも理不尽なのです。

続きを読む

7ユーロの南仏ワインに大感激!

9月21日(水)
昨日、朝最初のワインに鼻を近づけると…、おお、安そうで、薄そうな、低温発酵っぽいエステル香と、オールドワールドっぽい抑え目の果実味とミネラルを、微かながら感知できるではありませんか!!! 

続きを読む

無嗅覚テイスティング実験

9月20日(火)
昨日の授業は、いやぁ参った…鼻が全然利かないので何をテイスティングしても、砂を噛むようです。全部苦くて不味い…。

続きを読む

神様、どうかゆるやかに!

9月19日(月)

昨日は具合が悪かったので、ホテルに着いたら何か食べ物を買って部屋で食べ、サクサク作業を片付け、早めに寝たい気分だったのですが、何せ日曜はコンビニのひとつも開いていません(って、そんなものも存在しないし)。

仕方なく、ルストの町のヴィルツハウス(=ビストロみたいなもの)で食事。

 

続きを読む

怒涛のロードへ…あーあ、絶妙のタイミングで風邪

9月18日(日) 
プリンセスは何かと段取りが悪く、ひとつのことに夢中になると、下手をすると食べるのも寝るのも忘れてしまう、難儀な性分。

続きを読む

落穂拾いもまた楽し

9月17日(土) 
秋になって、プリンセスは週末の午前中はお城の庭の落ち葉掃除を仰せつかっています。
続きを読む

赤の収穫始まる!

916日(金) 

続きを読む

曇りのち雨、最後に快晴 の誕生日

914日(水) 

先週始まったゼクトの収穫は、5日間で終了。ゼクトのブドウはとにかく酸が命で、少しでも酸が下がったら使わないのがウチの流儀。ところが当主ミヒャエルによると、オーストリアの多くのゼクトは、通常のワインを収穫した後に残った実でゼクトを造るとか…。

続きを読む

まじっすかぁ?

9月13日(火)
とてもプリンセスの使うお言葉とは思えませぬが、本当にそういう気持ちです。

続きを読む

ルーディ・ピヒラー 2009 vs 2010

913日(火) 
ルーディ・ピヒラーRudi Pichlerは、ファルスタッフFalstaff誌の2010年ワインメーカー・オヴ・ザ・イヤーに選出されており、その看板畑アハライテンAchleitenが、全09ヴィンテージ中同誌最高得点を記録するなど、09年ヴィンテージの大スター的イメージがあります。
続きを読む

鍵3つ紛失…とほほ なプリンセス

911日(日) 

名札用の首から吊り下げるバンドに、部屋の鍵、正門横の鉄扉の鍵、自転車の鍵、の3つ鍵をつけたおいたものを土曜に紛失しました…。
続きを読む

2010年スマラクト・レポート 酸&ミネラル・フェチの私は感動!

99日(金)の午後、ヴァッハウWachauのヴァイセンキアヒェンWeisenkirchenで開かれた“スマラクト2010 Smaragd 2010”というイベントに行ってきました。

続きを読む

気になるお天気とプリンセスの乾燥肌

99日(金) 
おお、もう週末かぁ。時間が経つのが早いこと!
今週の火曜あたりから、めっきり夜の気温が下がり、北向きの部屋に夏がけ一枚で寝ているプリンセスは、たまりかねてフリースを着ています。昨日は昼から肌寒かったし、すっかり「夏は去りぬ」の風情。
続きを読む

プリンセス、都に上る

97日(水) 

昨日は朝9時過ぎの電車に乗って、都ウィーンへ。

続きを読む

名物マリレン・シュナップスの蒸留に立ち会う

9月6日(火) 

お城の北側、ランゲンロイスに通じる道を挟んでお向かいのサックスさんちのワイナリーで、今マリレン・シュナップスMarillen Schnaps (或いはマリレン・ブラントMarillenbrand)を造っていると言うので、仕事を中断してお邪魔しました。
続きを読む

イアン・ボストリッジらのクルト・ヴァイルを満喫

9月4日(日)
朝からお祭りでマーチング・バンドが演奏。そうなると落ち着かない私。今度は地元の初めて試す生産者のリースリングを飲みながらの鑑賞。正直同じ値段ならウチのワインの方が遥かに深みがあってレベルは上だが、突き抜ける酸は、気温の上がる昼には実に爽快。
続きを読む

ゼクト用ブドウ収穫開始!

9月5日(月)
 
今日からゼクト用のブドウの収穫が始まる予定、というのは知っていたが、なんだか天気は晴れたり曇ったり、小雨がぱらついたち。昼時に労働者用昼食部屋を覗き、確かにRenner畑で朝から作業を始めていることを確認。チーフ・ヴィティカルチャリスト&ワインメーカーのカーナーさんに頼み込んで午後から収穫作業に加わった。
続きを読む

美味しさか、「らしさ」か

9月3日(土)
家人に尋ねてわかったことだが、昨日ご紹介した、金、土、日と続くこのイベントは、地元の消防隊が運営しているとのこと。食事や飲み物をサーブするのも消防隊員とその家族だ。
続きを読む

役人役に立たず。

ワインの世界にいると、オーストリアでは十分英語で暮らせるような気がするのだが、地方で暮らそうとすると、それは大違い!
続きを読む

ルストから深夜にお城に戻ると、夏祭り?

9月2日(金)
久々の更新です。

ルストで5時半に授業が終わる。45分のバスに飛び乗って我が家へ。車なら恐らく3時間あれば十分な距離のはず。ところが公共交通機関で辿り着こうと思うと本当に大変。それでも今日は、一日2本しかないルスト→ウィーン直通バスに丁度いい時間だったのでラッキーな方。
続きを読む 0 コメント