シュロス・ゴベルスブルク グリューナー6アイテム踏破ワイン会@トラットリア築地トミーナ

プリンセスの住んでいるお城ワイナリー“シュロス・ゴベルスブルク”は、辛口だけでも全部で10種類のグリューナーを造っています。

続きを読む

プリンセス悶絶の美味しさ!!!

金沢に来ています。

続きを読む

世界のリースリングと鮓@銀座壮石

プリンセスは21日シノワに続いて、22日の晩は銀座壮石でワイン会。
世界のリースリングと鮓の相性を楽しみました。

続きを読む

パフォーマーの気持ち

プリンセスの母君はフィギュア・スケートをTVで観戦するのが大好き。
一緒に食事をしながら、だからプリンセスもよく観ていました。…ただ漫然と。

続きを読む

ふくろうマークの "ヒードラー"  2011年収穫レポート その1

お城ワイナリーからの距離という意味では、何度かブログでご紹介したヒルシュに続いて、ふくろうのマークでお馴染みのヒードラーHiedlerが、有名どころとしてはご近所ワイナリー№.2的存在。

続きを読む

リースリング ハイリゲンシュタイン&ガイスベアク   ワイン会@シノワ渋谷

昨晩は渋谷シノワでワイン会。
シノワのオーナーソムリエの後藤さんとは、もう15年以上のお付き合い。久々にあのつかず離れず、一般客には非常にスマート、常連客にはサディスティック? とも言える独特のサービスを楽しみにしていたのに、本人はオフで不在。

 

続きを読む

エアステラーゲはスキャンダルですか?

おとといのブログでお約束した真面目な話題。

続きを読む

本場より美味しい?k. u. k.で謎の逢引

今日はプリンセスうん十年ぶりのデート? るんるん。
場所は、本場より本格的、本場より美味しい、と評判のk u. k。
日本人初のキュッヘンマイスター、神田真吾さんがシェフを勤めるお店です。
ミットタークエッセン(ランチ)のコースとは言え、もちろん全く手抜きはありません。

続きを読む

独語会議初デビュー

ゾンビです : )
今朝東京に着き、早速友人の店でお蕎麦を食べて来ました。

続きを読む

黄泉の国?へ

では皆さん、しばらくお城を離れます。
お城体験まだまだご報告できていないことが山積みだし、黄泉の国でもテイスティングやら取材旅行やらイベント目白押し。
お楽しみに!

崩御前夜 霧に包まれたゴベルスブルク

思えば、お城に到着したとき、部屋の窓から望む胡桃の木は、まだ葉がついていませんでした。

続きを読む

さてこれは何をしてるところでしょう?

下の写真、何をしているところかわかりますか?

続きを読む

フィナーレは貴腐ブドウ

お城ワイナリーの収穫の最後を飾るのは(アイスヴァインは別にして)、ハイリゲンシュタインHeiligensteinの貴腐ブドウ。晴れ渡った先週の金曜日、午後。最後の区画の収穫の様子をお届けします。

お城ワイナリーからハイリゲンシュタインの畑までは自転車でも20分くらいかかります。

続きを読む

ブドウを食べて、畑がわかりますか?

遂に今週の木曜でお城ワイナリーの辛口ワインの収穫は全て終了。貴腐ブドウを木曜と金曜に収穫し、アイスヴァイン(これはできるかどうか神のみぞ知る)を除いて全ての収穫が終わりました。

続きを読む

電池切れ…でも、お約束の写真達です!

収穫が始まってからというもの、プリンセス本当によく働きました。

おまけに収穫期に、学校の課題提出期限が重なり、しかも予定になかった日本帰国&帰国中のミーティングやらワイン会やらのセッティング…。
朝目覚めても疲れが取れない状態です。
続きを読む

”貴腐の魔術師”ヒルツベルガー収穫レポート   その3 収穫クルーの秘密

プリンセスは2年前拙著の中で、このワイナリー独特の収穫隊が昔からずっと収穫を手伝ってくれているご近所の人々であることと、収穫中は毎日昼&夕食をともにし、かつて収穫したブドウがどういうワインになっているかを楽しみながら、自分達の仕事の成果や今後のワインの理想の姿やモチヴェーションを共有する、実にユニークな試みを紹介しました。

続きを読む

”貴腐の魔術師”ヒルツベルガー収穫レポート   その2 魔術の極意

ジンガーリーデルSingerriedelの畑にはリースリングとグリューナー(こちらはフォニフォーゲルというこのワイナリーが独自につけた畑名で世に出ます)が植えられています。

続きを読む

”貴腐の魔術師”ヒルツベルガー収穫レポート   その1 銘醸畑の情景

行って来ました。朝9時から午後5時くらいまで、丸一日の収穫。なんと畑は、一回しかお手伝いしないその日に、幸運なことにジンガーリーデル!

続きを読む

才色兼備、エファのAsian Cooking

ワインを通して、造り手の性格が見える、というのはとても面白いことですが、こうしてこちらに来てみると、表向きの当主とタグを組む奥さんの存在というのも、実に重要だ、というのが見えてきます。

続きを読む

ミニ・テイスティング@ヒルシュ

最近思うのですが、確かにワイン・ジャーナリストというのは素晴らしい仕事で、トップワイナリーの当主手ずからワイン――それも必ずそのフラッグシップのワインまで――をいちいちお願いしなくて、しかも丁寧な解説付きで注いで貰え、何か質問があれば遠慮なく心行くまで尋ねることができます。

続きを読む

グリューナーのトップサイト"ラム”収穫レポート

11月31日(月)、久々に晴れ晴れとした青空の下、オーストリアで最も有名なグリューナーの畑“ラム Lamm”の収穫が行われました。

続きを読む

ヤーパン、ショーン エー・ウー?

最近のけぞったフレースです。

続きを読む

ご馳走さまでした!

日曜の夜は、この辺りでは一番の都会、クレムスの町のど真ん中に住む、ミヒャエル・ヴァークナーさん(ヴィネア・ヴァッハウのマネージャー。元日本のインポーター勤務)&レイカさん(日本では趣味だったお料理を、こちらではプロとして修行中)の若いカップル宅にお呼ばれ。「日本語ナイトしませんか」というお誘いに乗って、ちゃっかり泊めていただきました。

続きを読む