ウィーンの森のワイン・イベント――ゲヌースマイレ最終日――ハイライトはやっぱりグンポルツキアヒェン!!

<<前回はシリア難民が続々と押し寄せるオーストリアの状況をご報告しました

 

さて、再びワイン・イベントに話を戻して、”ゲヌースマイレ”の最終回です。


このイベント、直線距離でも15km。かなり迂回もするし、だから本当に全部歩くと30-40kmになるのではないかなぁ…。途中大きく途切れたり、畑もシャンクも存在しない区間も存在するなど、長い長いコースを一日で歩き通す人はまずいないでしょう。

では一日しか参加できない場合はどこを攻めるか? …となれば、特に個人的御贔屓ワイナリーを訪ねるのでない限り、私はグンポルツキアヒェンからプファフシュテッテンに向かう区間をお勧めします。

1世紀遡ればオーストリアいち、いや欧州随一の白の銘醸地とも言われたグンポルツキアヒェンと、ブルゴーニュ同様ブドウを育てる僧侶の拠点でかつ、バーデンとグンポルツキアヒェンというホイリゲで有名な両村落に挟まれたプァフシュテッテン(ここも白の産地)。

ウィーンの森の中で最もレベルの高いワインを造るポテンシャルの斜面が舞台で、シャンクの集積度も最も高く、そこを訪ねる人出も圧倒的に多い、ぶっちぎりの花形区間です。

 

その見事な斜面を徒歩縦断しながらゆったりと飲み食いができるゲヌースマイレの醍醐味を、このブログを通して読者の皆さんと共有しちゃいましょう!

 

ではお約束の写真から。

<グンポルツキアヒェンの町から入ってプファフシュテッテンの目前まで行き、また町に引き返して来ました>

続きを読む

ウィーンの森のワインイベント”ゲヌースマイレ”参加報告 中編(バート・フェースラウ~バーデン)

<<前回はゲヌースマイレの9/6の様子でした

 

さて、昨日12日(土)も、予告通りゲヌースマイレに参加。今度は南端バート・フェースラウからソース、バーデンを経て、プァフシュテッテンの手前まで歩いてみました。

 

バーデンに1年半も住んでいながら、お隣りソースより南の畑を見たことがなかった私。丁度いい機会なので、わざわざ不便な、更に南のバート・フェースラウから入ってみたのですが…。

 

例によってまず連続写真で、昼の様子をご覧下さい!(写真をクリックすると説明がご覧いただけます。SDカードを忘れたのでiPhonカメラで失礼)

続きを読む

ウィーンの森のワイン・イベント――ゲヌースマイレ参加報告写真日記 前編

<<前回は真面目なエアステ・ラーゲン・プレゼンテーションのクレムスタール編でした

 

打って変わって、今週の日曜には赤ちゃんからペットまで楽しめる:)、ウィーンの森の麓のブドウ畑を巡るお気楽イベント”ゲヌースマイレ”に参加して来ました。

続きを読む

4日はエアステラーゲン・プレゼンーション、今日はゲーヌースマイレ…収穫本格化前にイベント目白押し!!

<<前回はグラーツについてでした

 

オーストリアもこの夏は日本同様猛暑だったようで、熟度は申し分なさ過ぎるほど。ブルゲンラントでは既に収穫が始まっています。

最初のハーヴェスト・レポートも発表される中、各産地では収穫が本格化する前のイベントが続々!

 

そんな訳で私も今日はヴァーグラム、明日はグンポルツキアヒェン、しあさってはヴァインフィアテル…といった調子で、荷ほどきもそこそこにバタバタとあちこちを飛び回っています。

 

グラーツ周辺のお勧めのスポットやら、ワイナリーやら、エアステラーゲン・プレゼンテーションの様子やら、報告したいことは山ほどあるのですが、このイベント・ラッシュの中、いつブログ書いたらいいんでしょう…。でも頑張ってぽつぽつ書いて行きますので、お楽しみに!

 

尚、オーストリアの2015年は、これまで色々な生産者と話した限りでは、一部雹の被害が酷かった地域(特にヴァーグラム)を除いては、量・質ともに満足のいくものになりそうです。

酷暑だったため、アルコールが上がり過ぎたり、皮が厚くなったり、酸が低下したり、という危険性もあるのですが、もう暑い年への対処には慣れっこのヴィンツァー達。9月に入って気温もググンと下がっていますし、うまく切り抜けてくれることと思います。

 

温度が十分に下がったとは言え、ここ4,5日のぐずついた天候にちょっと気を揉んでいましたが(カビの問題がなくても、あまり雨が多いとブドウの実が破裂してしまうので)、今日は快晴!

 

これからテルメンレギオン名物、世界一長いシャンク(戸外立ち飲み屋台)の列がブドウ畑の中に連なる”ゲヌースマイレ”に行ってきます!! 初シュトゥルム(発酵中の果汁)かな?

 

次回はエアステラーゲンのプレゼンテーションで、2014年の優良畑の個性をご紹介>>

続きを読む

アンティーク・トラクターで畑巡り――これ最高! ワインフェスティヴァル・テルメンレギオン報告 その3

<<前回はヴァイセンキアヒェン訪問記でした

 

ヴァインフェスティヴァル・テルメンレギオン3日目のイベントは”リーデン・ヴァンデルング(畑巡り)”。

このアンティーク・トラクターの荷台に乗ってプァフステッテンの畑を巡る、というご機嫌な企画です。待ち合わせ場所はÖBBプファフシュテッテン駅。完璧一般人向けアトラクションに紛れ込んで:)みました。

続きを読む

テルメンレギオンワイン祭報告 その1 今も愛されるウィーンの森のワイン

<<前回はホルツアプフェル訪問記でした

 

皆さん、下の写真の賑わいを見て下さい! この賑わいと熱気こそ、オーストリア本国におけるテルメンレギオン・ワインの絶大な人気を正しく映していると言えましょう。日本ではまだまだ知る人ぞ知る、って存在かも知れませんけれど。

 

どうやらメードリンクからバート・フェースラウ辺りまで、というのは、ウィーン子にとって、非常に郷愁をそそる、親密度の高いエリアらしい。位置づけとして江戸っ子にとっての湘南に当たると言えばいいのかなぁ。例えばバーデンやバート・フェースラウ等の温泉保養地は、鎌倉とか箱根とか湯河原の乗りなんだと思います。

そしてかつてテルメンレギオンのワインは”ウィーンの森のワイン”として、つまりウィーン子にとって「おらが森のワイン」として飲まれていたのです。実際第2次世界大戦前は今のメードリンクやグンポルツキアヒェンはウィーンの一部(幻の24区)でした(他方ウィーンの北側は、クロスターノイブルクがウィーンの一部だった一方、ドナウの川向うのフロリーツドーフ辺りは戦後にウィーンに組み入れられています)。

だから今でもウィーンの人々は、仕事帰りや週末に「おらが森」へドライブ、サイクリング、ハイキングなどに出かけ、ホイリゲでご当地ワインを飲むのが大好きです。観光地化されてしまったグリンツィング辺りより、むしろ「おらが」感は強いのかも知れません。

 

そんなウィーン子のシンパシーが一帯のホイリゲ人気の底にあり、そしてこのカジノの賑わいは、それぞれがご贔屓ホイリゲ(or ワイナリー)の14年の出来を一挙に確かめ、実際にこの後アプ・ホーフ(=セラー・ドア)で今年のワインを仕入れるための事前調査としての「楽しき真剣勝負」という訳です。

続きを読む

久々の"ここは何処でしょう?”

<<前回はフィネス&エレガンス&バランスが秀逸なDuetzのお話でした

 

さて、久々の”何処でしょう?”シリーズ。

下の写真の大瓶をご覧ください。とある博物館に展示されていたワインの瓶。

伝統的2リットル瓶に貼られたラベルには"ローター(赤)・ツィアファーンラーRoter Zierfahnler"とあります。
続きを読む

テルメンレギオン点描――今年のブドウの様子は?

どうもはっきりしない天気の多い今年。

昨日も朝は雨でしたが、陽の傾きかけた時間になると、気持ちのいい青空が広がっているではありませんか。

 

そうだ、久々に畑を見よう!

 

下宿から北方に5分ほど登ると、そこからグンポルツキアヒェンまで貫通する細道、言わばワイン街道の入口に達します。ここからバーデンの地元ワイナリー=ホイリゲの畑が連綿と繋がります。

 

はい、これが最初の畑。

続きを読む

おお、突然真夏だぁ!

<<前回は気になる若手ペアのお話でした

 

さて、私の下宿の庭には野桜の木があります。小粒ながら山のように実をつけてくれています。

半端な量じゃあありません。今日も男性陣が収穫係。ふふふ、無料でチェリーが食べ放題!

続きを読む

テルメンレギオン ホイリゲ大解剖   その3.ホイリゲの畑を大公開!

<<前回のブログはホイリゲ盛況の秘密に迫りました。

 

今日はそのホイリゲの畑に皆さんをお連れする約束。

 

初に私の散歩道(バーデン〜プァフシュテッテン〜グンポルツキアヒェン)をウィーンの森の裾野を貫くワイン街道に沿ってご覧いただきます。

ホイリゲの看板が畑に立てられており、誰の畑か一目瞭然なところがいいでしょう:)? 

※あ! 中段右のワイナリーはホイリゲは持ってないんだった!

続きを読む

テルメンレギオン ホイリゲ大解剖   その1. ワインが安過ぎる!

<<前回のブログはウィーンでの友情事故報告でした:)

 

さて、今住んでいるバーデンは、ワイン産地で言えばテルメンレギオンのど真中辺り。ウィーンの森の南端の、文字通り温泉地帯にあるこの歴史的産地は、一般的なワインファンには見過ごされがちな、けれど筋金入りのオーストリア狂には偏愛される土地柄、とでも言いましょうか。インターナショナルなスターワイナリーは多くないものの、観光客に毒されないホイリゲカルチャーが未だ健在な稀有な場所です。

続きを読む

オーストリアの熱海、バーデン・バイ・ウィーン

プリンセス、昨晩再びオーストリアに戻って参りました! 今回の住まいはバーデン・バイ・ウィーンにあります。

 

今回の、ってそれ何よ? とお思いの方も多いことでしょう。事情をご説明します。

続きを読む

ハイディのBAはバイク便に乗って… ワイン・ディナー@サンパ

47日、サンパでのワイン・ディナーは、日曜の夜、ちょっと早めの時間から始まりました。

サービスを仕切る飯岡さんはシノワ・チルドレンの一人で、オーストリアは普段からよく使ってくれているそう。お客様の数集めにイマイチ自信のないプリンセスに「岩城さんの知名度だったらすぐに集まりますよ(え? プリンセスって、オーストリアワインって知名度あるんでしょうか???)」とも言っていただき、大船に乗った積りで開始1時間前くらいにお店に入り、早速プロジェクタのセッティングやらワインの確認やら…。

 

…嵐の前の静けさ…

続きを読む

本場より美味しい?k. u. k.で謎の逢引

今日はプリンセスうん十年ぶりのデート? るんるん。
場所は、本場より本格的、本場より美味しい、と評判のk u. k。
日本人初のキュッヘンマイスター、神田真吾さんがシェフを勤めるお店です。
ミットタークエッセン(ランチ)のコースとは言え、もちろん全く手抜きはありません。

続きを読む