ウィーンの森のワイン・イベント――ゲヌースマイレ最終日――ハイライトはやっぱりグンポルツキアヒェン!!

<<前回はシリア難民が続々と押し寄せるオーストリアの状況をご報告しました

 

さて、再びワイン・イベントに話を戻して、”ゲヌースマイレ”の最終回です。


このイベント、直線距離でも15km。かなり迂回もするし、だから本当に全部歩くと30-40kmになるのではないかなぁ…。途中大きく途切れたり、畑もシャンクも存在しない区間も存在するなど、長い長いコースを一日で歩き通す人はまずいないでしょう。

では一日しか参加できない場合はどこを攻めるか? …となれば、特に個人的御贔屓ワイナリーを訪ねるのでない限り、私はグンポルツキアヒェンからプファフシュテッテンに向かう区間をお勧めします。

1世紀遡ればオーストリアいち、いや欧州随一の白の銘醸地とも言われたグンポルツキアヒェンと、ブルゴーニュ同様ブドウを育てる僧侶の拠点でかつ、バーデンとグンポルツキアヒェンというホイリゲで有名な両村落に挟まれたプァフシュテッテン(ここも白の産地)。

ウィーンの森の中で最もレベルの高いワインを造るポテンシャルの斜面が舞台で、シャンクの集積度も最も高く、そこを訪ねる人出も圧倒的に多い、ぶっちぎりの花形区間です。

 

その見事な斜面を徒歩縦断しながらゆったりと飲み食いができるゲヌースマイレの醍醐味を、このブログを通して読者の皆さんと共有しちゃいましょう!

 

ではお約束の写真から。

<グンポルツキアヒェンの町から入ってプファフシュテッテンの目前まで行き、また町に引き返して来ました>

続きを読む

久々の"ここは何処でしょう?”

<<前回はフィネス&エレガンス&バランスが秀逸なDuetzのお話でした

 

さて、久々の”何処でしょう?”シリーズ。

下の写真の大瓶をご覧ください。とある博物館に展示されていたワインの瓶。

伝統的2リットル瓶に貼られたラベルには"ローター(赤)・ツィアファーンラーRoter Zierfahnler"とあります。
続きを読む

余裕のよっちゃん、グンポルツキアヘェン 前篇

プリンセス、グンポルツキアヒェンを巡ってずっと不思議に思っていたことがありました。

 

テルメンレギオン、特にグンポルツキアヘェンは、1世紀ほど遡ればオーストリアを代表する辛口白ワインの銘醸地だった、と生産者からも聞きましたし、書物にも書いてあります。

 

…それなのに、プリセスを圧倒して来た白はと言えば、ヴァッハウ、クレムスタール、カンプタール周辺の原成岩土壌に植えられたブドウから造られるワイン達が中心。後はライタベアクのヴァイスブルグンダーと百歩譲ってシュタイヤーマークのヴェルシュリースリングやクール・アロマティック系、そしてビオ&アンフォラ系…。オーストリアワインが国際市場を席巻する過程にあっても、何故かテルメンレギオンの白は忘れ去られたかのよう…(勿論Stadlmannシュタードゥルマンなどの例外はあるのですが)。

 

ウィーンが世紀末文化を謳歌する頃、最も有名な辛口白ワイン産地だった場所が、何故150年くらいの間に、なんだか目立たない産地になってしまったのか。

 

そしてもうひとつ不思議なこと。グンポルツキアヒナー(グンポルツキアヘン産ワイン)を構成する2つの地場品種(=Zierfandler ツィアファンドラー & Rotgipfler ロートギプフラー)は、何故ここにしかなく、他のオーストリアのワイン産地では育てられないのでしょう?

 

そんな疑問を抱えつつ、昨日日曜はグンポルツキアヒェンのノイシュティフトガッセで行われるヴァインフェスト・グンポルツキアヒエン(ワイン祭)に行って来ました。

バーデンの街からは5-6km。自転車で20分ほどの、一山越える感じで丁度良いエクセサイズ? ウソ : ) アラフィフには結構辛い丘越え…

 

まず、観光案内所とワイン生産者組合の案内所を兼ねた"i"を訪ねてみれば…。

続きを読む

ハイディのBAはバイク便に乗って… ワイン・ディナー@サンパ

47日、サンパでのワイン・ディナーは、日曜の夜、ちょっと早めの時間から始まりました。

サービスを仕切る飯岡さんはシノワ・チルドレンの一人で、オーストリアは普段からよく使ってくれているそう。お客様の数集めにイマイチ自信のないプリンセスに「岩城さんの知名度だったらすぐに集まりますよ(え? プリンセスって、オーストリアワインって知名度あるんでしょうか???)」とも言っていただき、大船に乗った積りで開始1時間前くらいにお店に入り、早速プロジェクタのセッティングやらワインの確認やら…。

 

…嵐の前の静けさ…

続きを読む

本場より美味しい?k. u. k.で謎の逢引

今日はプリンセスうん十年ぶりのデート? るんるん。
場所は、本場より本格的、本場より美味しい、と評判のk u. k。
日本人初のキュッヘンマイスター、神田真吾さんがシェフを勤めるお店です。
ミットタークエッセン(ランチ)のコースとは言え、もちろん全く手抜きはありません。

続きを読む