あまりに不思議な一年

いやぁ、本当に。
自分が今ここで、こうやってプリンセスしていること自体、去年の年末には全く考えもしていないことでしたから。

続きを読む

ミサ初体験

ちょっと時間が前後しますが、25日、クリスマスの夜中0時から行なわれたLaimgrubenkirchのミサに参加してきました。

続きを読む

時差ボケが治らない…

時差ボケって、普通地球の自転方向、つまり時間を先取りする方向への移動の方が辛い、と言われていますよね。
でも、プリンセスは新説を発見!
絶対、光の量が足りないと長引くと思うのです。

続きを読む

出て来ました!!!

もう他に何も言うことはありません。合掌。

なんとか、みつかりますように

昨日ブログを書いた時点では、ほぼ置いてきた電車も特定できるし、それからまだ1時間も経っていなかったし、必ず見つかる、と信じていました。

続きを読む

お城正門にて…奈落の底へ

プリンセスまたやってしまいました。
2台のPCが入ったバックパックを背負いつつ、2つのスーツケースを引きながら、ゴロゴロとお城正門へ向かう坂道をよいしょ、よいしょ、と登り切ったところで、正門が閉まっているので、開けてもらおうと家族に電話をしようと思って…

続きを読む

イエス様からの賜り物はケバブ?

昨晩は夜中の0時から教会で行なわれるクリスマス・ミサとコンサートに参加しました。絢爛豪華なカトリック教会のしつらえと音楽に浸るのが目的。素晴らしいオルガンがあると調べをつけた、St. ヨーゼフ オプ デア ライムグルーベ教会まで、例によってシティーバイク・ウィーンを使ってGo!

続きを読む

メリー クリスマス!!

皆さん、どんなクリスマスイヴをお過ごしでしょうか?
プリンセスにとっては初めての、そして一人で過ごすウィーンでのクリスマス。

続きを読む

一人旅にお勧め“シティバイク・ウィーン”

ウィーンを観て歩くのに皆さんどんな交通機関を利用されますか?

続きを読む

no show

飛行機にも乗り遅れなかったし、何も落としたりもしていないようだし、今回の旅は上出来、上出来、とひとりほくそ笑んでいたプリンセス

続きを読む

ぎりぎりセーフ!!

ウィーンに着きました!
雨模様ですが思ったほど寒くも無く、今のところ何も落とさずに戻って来れたような。

続きを読む

墺太利へ戻ります!

プリンセスは以前のブログに「オーストリアワインと言えば、ホイリゲとモーツアルト、ベートーヴェン、シューベルトしか切り口のない日本のワイン業界の現状を「悲しい」と書きました。
「ホイリゲ」という言葉だけが、その本来の意味を理解されることなくひとり歩きする現状を憂えました。

続きを読む

ご近所お気に入りレストラン vol.3 たまキャアノ

たまさんは、お子さんを育て上げてから南イタリアへ単身料理修行に出た頼もしい女性。帰国後ご自宅の1階を、舞台美術が本職のご主人の手を借り改造し、カウンターのみ10席程度の文字通りアットホームなイタリアンを開きました。丁度その頃ご近所のマンション(徒歩5分くらい)に越して来たプリンセスは、だからそうショッチュウお邪魔する訳でもないのに、古株なのでちゃっかり常連顔: )


続きを読む

チェンバロコンサート@舟江斎

昨日1年ぶりで我がチェンバロの師匠、高橋尚子先生のご自宅での"舟江斎”サロンコンサートが行なわれました。http://cembalo.jp/
尚子先生のお得意はバッハとフレスコバルディ。でも今回前半でフィーチャーされたのはドメニコ・スカルラッティのソナタ。 

続きを読む

オタク道まっしぐら@大阪 お好み焼きパセミア&ランジュ・ヴァン

昨日はプリンセス、大阪近辺でビジネスミーティングを2つこなし、夜は若い同業者のツバメK君と業界人の間で話題のお好み焼き"パセミア"でデート: )。
K君は22歳の医学生でありながら、既にワイン誌への寄稿もしているというスーパーボーイです。

続きを読む

ブルネッロ、ブルネッロ、ブルネッロ!

昨晩はフルーティストの山形由美さん主催のワイン勉強会“メルルの会”の帰国特別お食事会。
ヴィーノ・デッラ・パーチェで行ないました。

続きを読む

本当のプリンセス

プリンセスの東京のお城には、10年前まで実は本当のプリンセスがおりました。
名をプチ、といいました。

続きを読む

ご近所お気に入り飲み喰い処  vol.2 徳竹  “和食にオーストリアワイン”の頂点を満喫

昨晩は新川の”徳竹”http://www.toku-take.com/で友人達と総勢7人で遅い夕食。

続きを読む

居酒屋も、日本酒も、ホイリゲである?!

プリンセスは複数のワインのプロ、そして起業を考えるOLなどから、「日本でホイリゲをやりたい」という話を聞いています。
そんな話を聞くたびに、「ではあなたはホイリゲの何を日本でやりたいのですか?」と、訊ねたくなります。

続きを読む

オーストリア応援団長より団員の皆様へ その1 プロこそ意識改革を!

帰国中プリンセスは、オーストリアワインを売ったりサービスしたりしている人々、そして一般のオーストリアワイン・ファンの話を随分色々聞きました。
そして、聞いていてときどき悲しくなりました

続きを読む

朝からとほほのプリンセス

プリンセス大失態!

続きを読む

ご近所お気に入りレストラン vol.1 i bischero

お城に戻るまでの日々も指折り数えて少なくなってきました。

これからは家族や本当に親密な友人と、密やかに自宅かご近所のお気に入り飲食店で、まったりと時間を過ごしたいと思います。
続きを読む

よく学び、よく遊べ@chez fukuzumi

プリンセスの学生時代を知るヒトは、どれだけ私が勉強嫌いかを、そして会社員時代を知るヒトは、どれだけ私が桁外れに怠慢な人間であるかをよく知っていることでしょう。

続きを読む

独墺葡萄酒振興秘密結社@小田島

昨晩は一昨晩と打って変わって、真面目なビジネス・ディナー(の積り :)で『和食にワイン』の元祖、小田島にお邪魔しました。

続きを読む

プライベート飲み食い喋り会@ヌガ

銀座の裏通りにあるビストロ ヌガは、友人後藤氏が経営するシノワの姉妹店。ご近所女子会仲間の奥さまサカバッチがマダムを勤めていて、内輪ではお店のシンボルにちなみ“象”と呼び倣わしています。

続きを読む

シュロス・ゴベルスブルク グリューナー6アイテム踏破ワイン会@トラットリア築地トミーナ

プリンセスの住んでいるお城ワイナリー“シュロス・ゴベルスブルク”は、辛口だけでも全部で10種類のグリューナーを造っています。

続きを読む

プリンセス悶絶の美味しさ!!!

金沢に来ています。

続きを読む

世界のリースリングと鮓@銀座壮石

プリンセスは21日シノワに続いて、22日の晩は銀座壮石でワイン会。
世界のリースリングと鮓の相性を楽しみました。

続きを読む

パフォーマーの気持ち

プリンセスの母君はフィギュア・スケートをTVで観戦するのが大好き。
一緒に食事をしながら、だからプリンセスもよく観ていました。…ただ漫然と。

続きを読む

ふくろうマークの "ヒードラー"  2011年収穫レポート その1

お城ワイナリーからの距離という意味では、何度かブログでご紹介したヒルシュに続いて、ふくろうのマークでお馴染みのヒードラーHiedlerが、有名どころとしてはご近所ワイナリー№.2的存在。

続きを読む

リースリング ハイリゲンシュタイン&ガイスベアク   ワイン会@シノワ渋谷

昨晩は渋谷シノワでワイン会。
シノワのオーナーソムリエの後藤さんとは、もう15年以上のお付き合い。久々にあのつかず離れず、一般客には非常にスマート、常連客にはサディスティック? とも言える独特のサービスを楽しみにしていたのに、本人はオフで不在。

 

続きを読む

エアステラーゲはスキャンダルですか?

おとといのブログでお約束した真面目な話題。

続きを読む

本場より美味しい?k. u. k.で謎の逢引

今日はプリンセスうん十年ぶりのデート? るんるん。
場所は、本場より本格的、本場より美味しい、と評判のk u. k。
日本人初のキュッヘンマイスター、神田真吾さんがシェフを勤めるお店です。
ミットタークエッセン(ランチ)のコースとは言え、もちろん全く手抜きはありません。

続きを読む

独語会議初デビュー

ゾンビです : )
今朝東京に着き、早速友人の店でお蕎麦を食べて来ました。

続きを読む

黄泉の国?へ

では皆さん、しばらくお城を離れます。
お城体験まだまだご報告できていないことが山積みだし、黄泉の国でもテイスティングやら取材旅行やらイベント目白押し。
お楽しみに!

崩御前夜 霧に包まれたゴベルスブルク

思えば、お城に到着したとき、部屋の窓から望む胡桃の木は、まだ葉がついていませんでした。

続きを読む

さてこれは何をしてるところでしょう?

下の写真、何をしているところかわかりますか?

続きを読む

フィナーレは貴腐ブドウ

お城ワイナリーの収穫の最後を飾るのは(アイスヴァインは別にして)、ハイリゲンシュタインHeiligensteinの貴腐ブドウ。晴れ渡った先週の金曜日、午後。最後の区画の収穫の様子をお届けします。

お城ワイナリーからハイリゲンシュタインの畑までは自転車でも20分くらいかかります。

続きを読む

ブドウを食べて、畑がわかりますか?

遂に今週の木曜でお城ワイナリーの辛口ワインの収穫は全て終了。貴腐ブドウを木曜と金曜に収穫し、アイスヴァイン(これはできるかどうか神のみぞ知る)を除いて全ての収穫が終わりました。

続きを読む

電池切れ…でも、お約束の写真達です!

収穫が始まってからというもの、プリンセス本当によく働きました。

おまけに収穫期に、学校の課題提出期限が重なり、しかも予定になかった日本帰国&帰国中のミーティングやらワイン会やらのセッティング…。
朝目覚めても疲れが取れない状態です。
続きを読む

”貴腐の魔術師”ヒルツベルガー収穫レポート   その3 収穫クルーの秘密

プリンセスは2年前拙著の中で、このワイナリー独特の収穫隊が昔からずっと収穫を手伝ってくれているご近所の人々であることと、収穫中は毎日昼&夕食をともにし、かつて収穫したブドウがどういうワインになっているかを楽しみながら、自分達の仕事の成果や今後のワインの理想の姿やモチヴェーションを共有する、実にユニークな試みを紹介しました。

続きを読む

”貴腐の魔術師”ヒルツベルガー収穫レポート   その2 魔術の極意

ジンガーリーデルSingerriedelの畑にはリースリングとグリューナー(こちらはフォニフォーゲルというこのワイナリーが独自につけた畑名で世に出ます)が植えられています。

続きを読む

”貴腐の魔術師”ヒルツベルガー収穫レポート   その1 銘醸畑の情景

行って来ました。朝9時から午後5時くらいまで、丸一日の収穫。なんと畑は、一回しかお手伝いしないその日に、幸運なことにジンガーリーデル!

続きを読む

才色兼備、エファのAsian Cooking

ワインを通して、造り手の性格が見える、というのはとても面白いことですが、こうしてこちらに来てみると、表向きの当主とタグを組む奥さんの存在というのも、実に重要だ、というのが見えてきます。

続きを読む

ミニ・テイスティング@ヒルシュ

最近思うのですが、確かにワイン・ジャーナリストというのは素晴らしい仕事で、トップワイナリーの当主手ずからワイン――それも必ずそのフラッグシップのワインまで――をいちいちお願いしなくて、しかも丁寧な解説付きで注いで貰え、何か質問があれば遠慮なく心行くまで尋ねることができます。

続きを読む

グリューナーのトップサイト"ラム”収穫レポート

11月31日(月)、久々に晴れ晴れとした青空の下、オーストリアで最も有名なグリューナーの畑“ラム Lamm”の収穫が行われました。

続きを読む

ヤーパン、ショーン エー・ウー?

最近のけぞったフレースです。

続きを読む

ご馳走さまでした!

日曜の夜は、この辺りでは一番の都会、クレムスの町のど真ん中に住む、ミヒャエル・ヴァークナーさん(ヴィネア・ヴァッハウのマネージャー。元日本のインポーター勤務)&レイカさん(日本では趣味だったお料理を、こちらではプロとして修行中)の若いカップル宅にお呼ばれ。「日本語ナイトしませんか」というお誘いに乗って、ちゃっかり泊めていただきました。

続きを読む

グリューナー・ヴェルトリーナー@シュタインセッツ畑 収穫レポート

ようやく昨日土曜朝、シュタインセッツSteinsetzの収穫に参加できました!

続きを読む

胡桃はやっぱり拾わないと

昨日収穫でできなかったお庭掃除。ちゃんと日曜にフォローしましたよ: )。

続きを読む

シュロス・ゴベルスブルク ゼクト RD 2001

昨晩は珍しく、本当に珍しく、プリンセスが夕食を作りました。

続きを読む

ゴベルスブルク@日の出前

ようやく天気も回復基調? うーん、雨こそ降っていませんが、お日様はまだ顔を出しません。

続きを読む

見落とせない、悪天候予想の心理的影響

こちらに来て初めて見えたきた側面、って色々あるのですが、今日は収穫における雨の影響のお話。

続きを読む

プリンセス崩御記念? 持ち帰りワイン会3つ

11月の一時帰国を利用し、恒例の持ち帰りワイン会を開催します!

お友達とお誘い合わせの上、プリンセスに会いに来て下さい : )

続きを読む

トラディツィオンの秘法大公開!

我がお城ワイナリーの名物ワインに“トラディツィオンTradition”があります。

続きを読む

命の受け渡し

昨日もやりました。恒例のお庭掃除。
収穫期も終盤を迎え、枯葉の量は最盛期を過ぎましたが、まだまだ胡桃はものすごい量が落ちています。

続きを読む

もうひとつの真実

昨日のブログの結句を読んで「あら、プリンセスったら随分ニヒル」と思われたかも知れません。

続きを読む

かくも残酷な真実

まずA畑の様子から。

続きを読む

ブドウ畑にUFO?!

リースリング収穫中に謎の飛行物体?!

続きを読む

リースリング収穫報告@ガイスベアク 後編

収穫報告実践編。写真とともにリースリングの収穫の様子をお届けします。

続きを読む

11月21日, 23日 or 28日, オーストリアワイン会ができるレストラン募集!

何度か触れたように、なかなか長期滞在許可が下りません。それで11月後半、プリンセスは一時崩御し: )、日本に再度一時帰国します。

続きを読む

リースリング収穫速報@ガイスベアク 前編

間に合いました!リースリング・エアステラーゲの収穫!
いつどの畑を収穫するかは、栽培&醸造責任者のカーナーさんのみぞ知ることですので、プリンセスは残り少ないリースリングのベスト・サイトでの収穫を逃さぬよう、今日は6時過ぎには朝食を済ませ、6時45分の収穫隊出動態勢に備えました。

続きを読む

2011年 ブルゲンラント 収穫速報

一週間ルスト Rustに居ました。どうやら持っていった私のモバイルPCのVistaのアップデートがいけなかったようで、滞在中ネットに繋げることができず、プリンセスのブログを楽しみにしてくれている皆さんにはご迷惑をお掛けしました

続きを読む

still in Rust

Hello my dear readers,
I am still in Rust and am uploading with my friends PC.
I learned a lot about assessing wine quality. And I will tell you all about it after Sunday. So, PLS wait!

See you on Sunday!

My PC is not working here in Rust and I am uploading with my friend¨s german layout PC. So hard to find @, or comma or that sort. So, let me report on Gobelsburg harvest as well as Geisenheim lectures after i get back home on sunday.

説得力の正体

9月24日、ガイゼンハイム2日目は、生粋のドイツ人にしてスペイン在住、スペイン・ワイン・スペシャリストとして知られる、ワイン・ジャーナリストのダフィート・シュヴァルツヴェルダーDavid Schwarzwälder氏によるスペインの白とカヴァについての講演。

続きを読む

初日はちょっとガッカリ…だった ワークショップ@ガイゼンハイム

923日から3日間にわたって行われた、かの有名なガイゼンハイム研究所で行われたMW student & Weinakademiker(ドイツ語圏のMWと言っておきましょう) Workshopの様子をざざっとご報告します。

続きを読む

畑チェック密着取材 続編

106日(木)に行ったカーナーさんの“畑チェック”密着取材の続編です。お待たせしました!

続きを読む

Berry very delicious!

10月7日(金)
今日は母の誕生日。しかし私の身辺は、結局目標の11月前半までに出なかった長期滞在許可、来週一週間学校のために不在の間に終わってしまうであろうエアステラーゲ(いわゆるこちらのグランクリュ的な銘醸畑)のリースリングの収穫…と、頭の痛いことばかりで、夜もおちおちお眠れません。

続きを読む

ショッキング・ニュース?!

ヴァッハウWachauのルーディ・ピヒラーRudi Pichlerは既に今日、看板畑アハライテンAchleitenのリースリングの収穫を始めました! 

続きを読む

栽培&醸造責任者カーナー氏密着取材

106日(木)

今朝は収穫には出ず、我がシュロス・ゴベルスブルクの栽培&醸造責任者のフランツ・カーナー氏の"畑チェック"を密着取材しました。
続きを読む

リースリング収穫速報

105日(水) 

昨日からリースリングの収穫も始まりました(グリューナーはまだです)
続きを読む

白の収穫、Grub(グループ)畑で開始!

104日(火) 

昨日(3日月曜)、ついに白の収穫を開始しました。
続きを読む

VDP モーゼル=ザール=ルーヴァー テイスティング

103日(月) 収穫期の独&仏ワイン産地巡りレポート その1

先々週から2週間にわたる旅を振り返ります。

続きを読む

カトリック教会に仏像の怪

102() 

プリンセスは土曜、日曜と恒例の落ち葉&胡桃拾い。なにせ収穫の秋、箒をひと掃きするはたから、落ち葉がさわさわ、胡桃がことんぽろんと落ちる状況。拾えども拾えども…な作業量です。
「落ち葉は朽ちて土の栄養になるのだから、そのままでいいのに」と私は思いますが、やはりお城たる格式を保つためには、常に美しく掃き清められている必要があるようです。
続きを読む

Dr. ローゼンのベーレンアウスレーゼを一気飲み  あーあ…もったいない!

10月1日(土)
おお、今日でプリンセス即位(お城に住み着いて)から丁度6ヶ月!

続きを読む

プリンセス帰途に着く

フランクフルトに向かうバスの中。今日中にはお城に戻る予定です。

アイネン・モメント・ビッテ

私のブログを読んで下さっている皆さん、更新が思うようにできずに済みません。
学校、ガイゼンハイムでのワークショップと続いた後、月曜からアルザス、ファルツ、ラインガウ、モーゼルを移動中で、思うようにネットにアクセスできません。

続きを読む

旅がらみ。「どういうこと?」な4つの出来事

925日(日)

その1:
日本を代表する旅行代理店J社より、オーストリアのワイナリー巡りツアーの企画&ガイド&通訳を依頼したい、との打診。
続きを読む

笑ってやって下さい

今日で3日間のガイゼンハイム(ラインガウにある世界有数のブドウ栽培&醸造研究機関)でのワークショップが終わります。午前中はMWとドイツ語圏のMWに例えられるWeinakademikerの親睦会なので、パスして仕事をしています。

続きを読む

ワインはディプロマティックに批判なさい

922日(木)

風邪を押してのワインアカデミーでのディプロマ・セッション参加、ようやく昨晩で終了。
泊まりがけセッションの間中は、各自学校近くに宿を取ります。そして、昼食は学校の向かいのホテルのビュッフェで、夕食は適当に街のレストランに集まって、翌日の授業に影響を及ぼさない範囲でワインを楽しむ、というのが恒例です。
続きを読む

プリンセス崩御の危機

今までシリアスなことはあまりこのブログで公表してきませんでしたが、滞在許可が下りない問題は、いよいよ深刻化。しかも、その許可申請のあり方がなんとも理不尽なのです。

続きを読む

7ユーロの南仏ワインに大感激!

9月21日(水)
昨日、朝最初のワインに鼻を近づけると…、おお、安そうで、薄そうな、低温発酵っぽいエステル香と、オールドワールドっぽい抑え目の果実味とミネラルを、微かながら感知できるではありませんか!!! 

続きを読む

無嗅覚テイスティング実験

9月20日(火)
昨日の授業は、いやぁ参った…鼻が全然利かないので何をテイスティングしても、砂を噛むようです。全部苦くて不味い…。

続きを読む

神様、どうかゆるやかに!

9月19日(月)

昨日は具合が悪かったので、ホテルに着いたら何か食べ物を買って部屋で食べ、サクサク作業を片付け、早めに寝たい気分だったのですが、何せ日曜はコンビニのひとつも開いていません(って、そんなものも存在しないし)。

仕方なく、ルストの町のヴィルツハウス(=ビストロみたいなもの)で食事。

 

続きを読む

怒涛のロードへ…あーあ、絶妙のタイミングで風邪

9月18日(日) 
プリンセスは何かと段取りが悪く、ひとつのことに夢中になると、下手をすると食べるのも寝るのも忘れてしまう、難儀な性分。

続きを読む

落穂拾いもまた楽し

9月17日(土) 
秋になって、プリンセスは週末の午前中はお城の庭の落ち葉掃除を仰せつかっています。
続きを読む

赤の収穫始まる!

916日(金) 

続きを読む

曇りのち雨、最後に快晴 の誕生日

914日(水) 

先週始まったゼクトの収穫は、5日間で終了。ゼクトのブドウはとにかく酸が命で、少しでも酸が下がったら使わないのがウチの流儀。ところが当主ミヒャエルによると、オーストリアの多くのゼクトは、通常のワインを収穫した後に残った実でゼクトを造るとか…。

続きを読む

まじっすかぁ?

9月13日(火)
とてもプリンセスの使うお言葉とは思えませぬが、本当にそういう気持ちです。

続きを読む

ルーディ・ピヒラー 2009 vs 2010

913日(火) 
ルーディ・ピヒラーRudi Pichlerは、ファルスタッフFalstaff誌の2010年ワインメーカー・オヴ・ザ・イヤーに選出されており、その看板畑アハライテンAchleitenが、全09ヴィンテージ中同誌最高得点を記録するなど、09年ヴィンテージの大スター的イメージがあります。
続きを読む

鍵3つ紛失…とほほ なプリンセス

911日(日) 

名札用の首から吊り下げるバンドに、部屋の鍵、正門横の鉄扉の鍵、自転車の鍵、の3つ鍵をつけたおいたものを土曜に紛失しました…。
続きを読む

2010年スマラクト・レポート 酸&ミネラル・フェチの私は感動!

99日(金)の午後、ヴァッハウWachauのヴァイセンキアヒェンWeisenkirchenで開かれた“スマラクト2010 Smaragd 2010”というイベントに行ってきました。

続きを読む

気になるお天気とプリンセスの乾燥肌

99日(金) 
おお、もう週末かぁ。時間が経つのが早いこと!
今週の火曜あたりから、めっきり夜の気温が下がり、北向きの部屋に夏がけ一枚で寝ているプリンセスは、たまりかねてフリースを着ています。昨日は昼から肌寒かったし、すっかり「夏は去りぬ」の風情。
続きを読む

プリンセス、都に上る

97日(水) 

昨日は朝9時過ぎの電車に乗って、都ウィーンへ。

続きを読む

名物マリレン・シュナップスの蒸留に立ち会う

9月6日(火) 

お城の北側、ランゲンロイスに通じる道を挟んでお向かいのサックスさんちのワイナリーで、今マリレン・シュナップスMarillen Schnaps (或いはマリレン・ブラントMarillenbrand)を造っていると言うので、仕事を中断してお邪魔しました。
続きを読む

イアン・ボストリッジらのクルト・ヴァイルを満喫

9月4日(日)
朝からお祭りでマーチング・バンドが演奏。そうなると落ち着かない私。今度は地元の初めて試す生産者のリースリングを飲みながらの鑑賞。正直同じ値段ならウチのワインの方が遥かに深みがあってレベルは上だが、突き抜ける酸は、気温の上がる昼には実に爽快。
続きを読む

ゼクト用ブドウ収穫開始!

9月5日(月)
 
今日からゼクト用のブドウの収穫が始まる予定、というのは知っていたが、なんだか天気は晴れたり曇ったり、小雨がぱらついたち。昼時に労働者用昼食部屋を覗き、確かにRenner畑で朝から作業を始めていることを確認。チーフ・ヴィティカルチャリスト&ワインメーカーのカーナーさんに頼み込んで午後から収穫作業に加わった。
続きを読む

美味しさか、「らしさ」か

9月3日(土)
家人に尋ねてわかったことだが、昨日ご紹介した、金、土、日と続くこのイベントは、地元の消防隊が運営しているとのこと。食事や飲み物をサーブするのも消防隊員とその家族だ。
続きを読む