ウヴェ・シーファーが日本からの収穫ボランティアを募っています!

<<前回はシリア難民続報その他でした


急告:ウヴェシーファーが収穫ボランティア募集中!

日本のワイン業界の皆さん、オーストリアの誇る赤の最高峰ワインの造り手、ウヴェ・シーファーの収穫を手伝ってみませんか?

 

ソムリエからの転身で、掛け値なしに全くのゼロからスタートし、オーストリア最高の赤ワイン生産者にまで登り詰めたウヴェ・シーファー。

ブドウを最良の状態で得るためには、良質の収穫隊がクリティカルな要件とわかっていても、ヴォランティアの友人だけでは人数的に間に合わず、従来収穫期だけ臨時で雇ってきたハンガリーの労働者は、なかなか思うように作業をしてくれない…と、いつも嘆いていました。

 

今年は赤にとっては特に作柄も良く、とにかく最上の収穫隊を確保したい、と、「日本人ならセレクションはお手の物」と話す私に、今朝がた相談が入りました。

そこで、作業の几帳面な日本人収穫ボランティアを急きょ募集します!!!

 

対象:

オーストリアのプレミアムワインに興味・愛情のあるソムリエ、または飲食流通酒販店関係者(または同等の意欲及び知識を持つ愛好家)、2050代男性並みの体力を有すること。元ソムリエであるウヴェは、大好きな国日本のソムリエの皆さんと、特に自分の情熱を分かち合いたいようです。

 

期間:

107日(水)~1010日(土)のうち何日でも。通しで参加できれば尚可。

 

条件:

l  現地宿泊場所はワイナリー側でアレンジします(ただし実費は徴収します。€50~70/一泊前後か、と予測)。宿泊施設⇔畑間は、ワイナリー側の用意した車で送迎します。

l  収穫に参加した日の昼食及び夕食は、他の収穫要員とともに、ワイナリー側の用意してくれた食事をとります。

l  ボランティアですので、労働対価は一切支払われません。

l  私もその期間取材&収穫要員として滞在しますので、語学力は特に必要ありません。

 

注意事項:

l  日本⇔オーストリア間、ウィーン⇔宿泊所間の交通費及び宿泊滞在費は個人負担となります。また、ここまでの足の手配も個人で行っていただきます(空港から先は私がご相談に乗ります)。

l  個人旅行中にワイナリーに立ち寄ってボランティアでお手伝いをする、という立場ですので、事故等に対する補償などは一切ありません。

l  天候が悪い場合など、わざわざ日本からお越しいただいても、収穫ができないことも有り得ます。その場合、収穫のない日 or 時間は自由行動となり、ワイナリーからの賄いはありません(事情が許せば私が臨時ツアー:有料を企画します)。

l  観光や研修ではありませんので、そのような待遇やサービスを期待される方はご遠慮下さい。

我こそは! …という方、以下を明記し、こちらまで至急ご連絡下さい!

1.氏名

2.参加希望日

3.年齢

4.連絡先(email & tel

5.現在の勤務先を含む簡単なワイン業界経歴

 

また、「その前後だったら参加できるのだけれど」という方も、希望期間を明記し、ご連絡を。場合によってはお願いすることがあるかも知れません。

 

ウヴェのクレイジーな人柄と妥協のないワイン造りを垣間見るチャンスです。振るってご参加下さい!!

 

※なお、今回に限りコメント欄をオープンにしてありますので、内容に関する質問などは、こちらをご活用下さい(他の応募を考えている方の参考にもなると思いますので)。

 

次回はヒードラー訪問記です>>