Latest Blog Updates

Sat

10

Oct

2015

PC葬送行進曲 F-Moll ――エンディングは突然に

<<前回は不健全なビオの実例でした

 

PCの調子がおかしくなったのは、本当は6月頃からでした。

 

突然画面がブチっと黒くなり、強制終了するしかなくなるのだ。

 

日本帰国時に2度修理に出したが、一度目はファン交換、2度目は8.1のインストール不良による不具合、とのことで工場出荷時初期状態になって戻ってきた。つまり2度ともハードウェアに異常なし、と言われたのだ。それを再び8.1にして使っていたが、一日に1~2度は同じ症状を繰り返していた。

 

ほどなくWindows 10へのアップグレードが始まり、不用意にダウンロードしてしまったのが運のつき。

インストール日を繰り延べる作業を失念し、ある日突然勝手にインストールが始まっていた。途中で止める訳にも行かず10にしたのだが、その後画面のプッツン切れは加速度的に頻度を増し、先週の火曜あたりには、仕事ができないほど頻繁となり、度重なる強制終了が祟ってか、終にまともに立ち上がらなくなった。

read more

Tue

29

Sep

2015

ヒードラー訪問記――それぞれの自然派 その3.不健康なビオ : ) の実例お見せします

<<前回 その2はヒードラーの目に見えない技の数々についてでした

 

シェンケンビヒルとシュタインハウスの畑を見学し、坂を下りてランゲンロイスの町も近づいた辺り、最後の方の緩斜面の畑を横切ったときのこと。


Ludwig 「見えるかい? 葉っぱが黄色や茶色になっていたり、枯れているのも多いだろう? 僕の畑じゃないんだけれど、あそこはビオなんだ。ビオは頻繁にボルドー液を撒かなくてはならないからね。で、硫酸銅が太陽光で熱せられるとああいう風に火傷状態になるのさ。」

Yukari「ちょっと近くで見ていい?」と車を降りる。

近寄ってみればピノ・ブランのようだけれど、異様に房も実も小さく、しかも未熟な青色を残している。食べてみれば、色から想像されるほど酸っぱくはないものの、先につまみ食いしたシェンケンビヒルのGVには遠く及びもつかぬ糖度と香味の乏しさ…。

L「はは、昨日今日の強烈な日光ででなんとか糖度は上がったね。つい数日前まで全く酸っぱいだけだったんだけど。」

read more

Mon

28

Sep

2015

ヒードラー訪問記――それぞれの自然派 その2.日に晒される房と陰になる房

<<前回 その1では実の中心部の温度が高くなると収穫を止めるお話しでした

 

本日のお題は畑巡り。


それにしても、ルードヴィック・ヒードラーほど楽しそうに畑を見せてくれる人もそうない。

土の様子、ブドウの生態、周囲に生える草花、飛び交う虫…頬をなでる風から忍び寄る雨雲…何から何まで、とにかく心底ブドウ畑とそれを取り巻く自然と触れ合うのが楽しくてたまらない、という様子で、子供の頃からの遊び場であった畑で、その長く親密な時の蓄積&抜きん出た好奇心と観察眼から得られた独自の見解やら栽培テクニックやら、を次々と披露してくれます。

 

「ゆかり、畑を見たいなら丸一日時間をとってくれないと」「ああ、こうやって畑に長居してると、またマリアに叱られちゃうね」…なんて調子で、いつも30分とか1時間の予定で畑に出るのですが、気が付くと2時間以上経っている、なんてことがザラにありました。

 

さて、この日は一昨年新たに購入した60年近い樹齢のグリューナーの畑"シェンケンビヒル"を「ちょっと見る」だけの予定でルードヴィックに同行。この間のエアステ・ラーゲン・プレゼンテーションでも光っていたグリューナ-の畑です!

read more

Tue

22

Sep

2015

ヒードラー――それぞれの自然派 その1.  実の中心温度を考慮して収穫

<<前回はウヴェ・シーファーの収穫お手伝い募集告知でした

 

そういう訳で今オーストリアでは全土的に収穫が行われています。

収穫期には何かと様々な案件が重なり、アップが追いついていませんが、収穫の本格化する直前、18日の金曜にヒードラーをカンプタールはランゲンロイスの町外れまで訪れて来ましたので、今日はそのご報告。

 

そう、あの雨の多かった2014年に取り分けいい仕事をしていたと睨んだヒードラーです!

read more
Loading

本サイトはリンクフリーです。
なお、リンクを張っていただく場合は、お手数ですが、システム管理者までご一報下さるよう、お願い致します。

以下のバナーもお役立て下さい。

234 x 60
234 x 60